S2000・86・RECAROのある自動車生活−ASM Blog−

   S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
 

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM facebook <公式>
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
予想より50万円高いことに、言葉を失った。
MAXIM WORKSに相応しいECUデータを目指して。
速さと安全性・信頼性の両立へ。
年に一度、思う存分神戸
一流エンジニア達と一緒にS2000作りを考えてみる
感性を満たす排気音
Entry Archive
Search
Login
予想より50万円高いことに、言葉を失った。 2017/11/19(Sun) 14:15:07
171118_f22c1_.jpg




千葉県からASMリフレッシュ車検で入庫したS2000の作業が完了しました。


ASM S2000リフレッシュ車検  2,437,123円 担当:松島さん

・車検整備関連 97,156円
・ASMセカンダリーシャフト関連 150,982円
・オルタネーター、セルモーター関連 183,600円
・G.T WORKSインジェクター、ASMクラッチパーツ関連 178,329円
・ASMエンジンO/H、エンジンレンタル、ハーネス、油脂類関連 1,827,056円



171118_f22c_.jpg


エンジンコンストラクター・戸田レーシングでリフレッシュしたF22Cを搭載しました。コンストラクターとチューナーは全く意味が違い、同じオーバーホールと言っても信頼性が別物です。エンジンベンチで動作確認と慣らし運転していることに加えて、設備レベルや品質基準が高いことこそ最大の魅力かもしれません。


<作業過程>

エンジンO/H 分解・洗浄
エンジンO/H 点検・加工
エンジンO/H ベンチテスト



■ASM エンジンオーバーホール  1,468,800円



<作業明細>

純正87.0mmピストンスカートデフリックコーティング4 本
F22Cピストンピン+クリップセット4 本
F22C純正仕様ピストンリング φ87.00 4 本
F22C純正バルブスプリングIN 8 本
F20C純正バルブスプリングEX 8 本
F20C/K20A TODAバルブガイド IN 8 本
F20C/K20A TODAバルブガイド EX 8 本
F20C/F22C TODA強化タイミングチェーン1 本
F20C/F22C TODA強化チェーンテンショナー1 個
K20A/F20C/F22C TODA強化オイルポンプチェーン1 本
アンチGフォースオイルパン F20C/F22C 1 台
エンジンOH 1 台
ブロック上面上盤すり合わせ4気筒1 個
ブロック ホーニング 4気筒4 本
ポート研磨 16バルブ1 台
バルブガイド入替作業 ノーマルサイズ 16V 1 台
バルブガイド リーマー仕上 1バルブ16 本
バルブシートカット+出しろ合せ 16バルブ1 台
バルブ ポリッシュ加工 16 本
ヘッド定盤すり合わせ 4気筒
燃焼室 容積調整磨き 4気筒1 台
クランク ダイナミックバランス 4気筒
クランクラッピング 4気筒
コンロッド加工 重量バランス合せ4 本
ホンダ純正 メタル(大) 10 枚
ホンダ純正 メタル(小) 8 枚
リテーナー、バルブスプリング16 個
コッターピン32 個
ガスケットキット、シリンダーヘッド1 台
ガスケットキット、シリンダーブロック1 台
ポンプセット、ウォーター1 個
ワッシャーセット、強化スラスト2 個
バルブ、インレット8 本
バルブ、エキゾースト8 本
ガイド、カムチェン1 個
ガイド、オイルポンプチェン1 個
テンショナーCOMP.,オイルポンプチェン1 個
アームCOMPカムチェンテンショナー1 個
オイルフィルター1 個
ヘッドカバー 結晶塗装
ベンチテスト



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3445


手軽に直すか、仕上げにこだわるか、板金工場選び


MAXIM WORKSに相応しいECUデータを目指して。 2017/11/17(Fri) 14:13:28
171117_genrom_.jpg



週末日曜日1日限定で開催するGENROMフェアに向けて、G.T WORKS寺崎源さんがご来店です。今日の夜横浜入りの予定でしたが、カレンダーを間違えて1日早く来たわけではありません、出勤場所を間違えたと言ってました。せっかくの機会なので、ASM 86を乗ってG.T WORKS GENROMを現車セッティングしました。ASM 86の仕様は以下の通りです。


<ASM 86吸排気仕様>

・ASM ビッグスロットル
・ASM スロットルスペーサー
・MAXIM WORKS エキゾーストマニホールド
・ASM I.S.Designサイレンサーキット


気になる点は2点ありました。1点目は動き出しでシビアに反応し過ぎてギクシャクしていた領域を、純正データの緩慢さとGENROMのリニアさをバランスして解決しました。2点目は今回最大のテーマ・MAXIM WORKSエキマニとの合わせ込みです。実走してスロットル開度・アクセル開度など車両状況を確認しながら、ASMビッグスロットルとMAXIM WORKSエキマニに合わせてセッティングしました。気になる部分のトルク特性を改善できれば、結果的にSACLAM管の魅力も引き出すことに繋がるはずです。86/BRZの純正ECUはS2000よりずっと制御が複雑だから、まだまだ完成ではありません。


■G.T WORKS GENROM(ZN6/ZC6 前期)  91,800円 <税抜価格 85,000円/税額 6,800円>
■G.T WORKS GENROM(ZN6/ZC6 後期)  102,600円 <税抜価格 95,000円/税額 7,600円>


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3444


街で乗る86だから「普通」にこだわりました。


速さと安全性・信頼性の両立へ。 2017/11/16(Thu) 16:39:36
171117_s2_.jpg



ASM S2000タイムアタック号に、SUCCEEDSPORTS製オイルキャッチタンクを装着しました。

2016年は、半円柱形状のオクヤマ製オイルキャッチタンクを、エンジンルーム内スペースの都合で助手席足元に設置していました。NAG内圧コントロールバルブ配管は永冶社長のアドバイス通りのホース径・取り回しにしてあります。2017年のテーマは<軽量化・効率化・信頼性向上>だったにも関わらずシェイクダウンは失敗して、12/7筑波スーパーバトル本番が2回目のテスト、12/26レブスピード鈴鹿走行会が3回目のテストです。


信頼性を優先して今回はしませんが、シーズン後ヒューズBOXを室内に移設します。バッテリー・ECU・ヒューズBOX間の配線が短くなって電気効率向上と軽量化できるから、速さのために無駄な作業ではありません。



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3442


軽量化を徹底したNAエンジンで参戦

年に一度、思う存分神戸 2017/11/12(Sun) 12:26:26
171111_NAG1_.jpg



岐阜県のナグ エス・イー・ディー永冶社長を訪ねました。目的はNAG内圧コントロールバルブと類似製品の仕組み・効果の違いとその理由です。さすが20年前に減圧バルブを考案した先駆者だから理に適った説明で、整備士の松島さんと八百君は納得していました。金山は何を言っているのかさっぱり理解できません。



171111_NAG2_.jpg


もう1点は、S2000向けNAG内圧コントロールバルブの件です。オイルシール効果に問題ない範囲で高い減圧性能を追求した商品ですが、水分凍結に因るチューブ詰まり防止のため配管レイアウトに注意が必要なため、特に降雪エリアにお住いのお客様には注意深く販売するか、ASM側からはお薦めするのを控えていました。そこで、NAG社の二代目(息子さん)が考えた内部構造を採用することで、減圧性能はやや劣る(自然?)代わりに単純な配管レイアウトの<ASM NAG内圧コントロールバルブ>を検討します。



171111_succeed1_.jpg



次は、滋賀県サクシードスポーツ市川さんの元気な顔を見に立ち寄ったところ・・・、


171111_succeed2_.jpg
171111_succeed3_.jpg


11月下旬完成予定だったASM S2000タイムアタック号のオイルキャッチタンクが、。 狙い通り 予想外に完成していました。オイルキャッチタンク本来の、液体と期待を分ける配管構造になっています。去年使ったオイルキャッチタンクより容量を増やしつつ寸法を最適化してエンジンルーム内に設置できるので、コクピット内の安全性・快適性がやっと普通になりました。



171111_kobe2_.jpg



そして週末は、楽しみにしていたSAサンシャイン神戸のASM with G.T WORKS×RECAROフェアです。スタート時刻AM10:00にはSAサンシャイン神戸宮本さんとRECAROアドバイザーしかいなかったASMブースに、ASMスタッフ3人、島根県から来てくれるお客様、地元神奈川から来てくれた86オーナーさん、SA浜松で集合した中部チーム、岡山KING、高知の吉良さん、G.T WORKS寺崎源さん等だらだら集まり話して買ってもらって、楽しかったです。


【お買い上げ・ご成約商品】

ASM I.S.Designフロントディフューザー(CFRP)
ASM DREXLER LSD(S2000)
ASM ファイナルギヤセット
ASM ディスタンスカラー
ASM I.S.Designリヤエアロバンパー07
ASM I.S.Designサイドエアロスポイラー04(WET-CF)
ASM ショルダーカバー
ASM フロントロアアームバーGT
ASM G.T WORKS GENROM(AP2)
ASM G.T WORKS GENROM(AP2) 仕様変更
ASM I.S.Designサイレンサーキット 2セット
ASM ラジエタープレート(Carbon)
ASM KAROマットRuby(S2000)
ASM ステアリングボス
ASM 広角ドアミラー
ASM フロントタワーバーGT(86/BRZ)
ASM ビッグスロットル(86/BRZ)
ASM スロットルスペーサー(86/BRZ)
RAVENOL Racinr Gearoil 5本
BILLION OILS MT-520
NAG 内圧コントロールバルブ(S2000)
NAG ブローオフバルブ

RECARO RS-G ASM LIMITED Ruby 5脚
RECARO SR-7 ASM LIMITED Ruby 1脚
RECARO サイドプロテクターASM
RECARO バックレストカバーASM
RECARO その他シート 31脚


171111_kobe3_.jpg



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3442


2010年1月 1号車富士テスト

一流エンジニア達と一緒にS2000作りを考えてみる 2017/11/09(Thu) 14:46:57
171109_asm_.jpg



12/7(木)REVSPEED筑波スーパーバトルに向けて、セットアップしています。



171109_dbanag_.jpg



ASM S2000タイムアタック号に貼っているメーカー・ショップロゴは、物やお金を貰っているスポンサーだけの関係ではなく、車両製作に関係してくれた人達への感謝の気持ちです。燃料配管類のGOODRIDGE、内圧コントロールバルブのNAG、ブレーキローターのdbaを新たに追加しました。



171109_toda_.jpg
171109_nicole_.jpg


11/1のASM Blog記事に書いた電動W/Pが1回目に停止した原因(仮説)への対策を行い、エンジン始動チェック完了しました。ヒューマンエラーに因る電動W/P作動忘れを防ぐため、NICOLE RACINGから購入/シェイクダウンでテストしたDAVIES CRAIG LCD EWP & FAN Controllerを継続使用します。明日はNAG永冶社長を訪ねて減圧と内圧コントロールの違いについて教えてもらった後、サクシードスポーツ市川さんの元気な顔を見に行きます。タイムアタック号の新型オイルキャッチタンクを催促しに行くわけではありません。



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3441


レースエンジニアの心を随所に感じる空間


感性を満たす排気音 2017/11/07(Tue) 14:25:27
171107_IS_.jpg



ホンダ純正エキゾーストマニホールドと組み合わせて、ASMサイレンサーキットを装着です。

メイン補強パイプが太いK1 Laboratory(K1ラボラトリー)製サブフレーム装着車ですが、長いブッシュに変更して純正マフラーが装着されており問題ありませんでした。ASMエキゾーストマニホールドを装着すると音質が更に甲高く静かになり、ASM G.T WORKS GENROMを組み合わせると電子制御スロットルの不自然さが少なくなるので、次のステップとしてぜひご検討下さい。


ASM I.S.Designサイレンサーキット  293,760円 <税抜価格 272,000円/税額 21,760円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3440


「ASMのS2000はすごい」と感じてもらうために、製品を作り続ける。


サスペンションを動かすツボに投資 2017/11/03(Fri) 15:17:31
171103_s1__cusco_.jpg




来週のREVSPEED誌取材に向けて、試乗車を仕様変更しました。



171103_s2__cusco_.jpg


フロントロアアーム後ろ側ブッシュ(コンプライアンスブッシュ)は、前後方向の入力に対して動くパーツです。純正ブッシュ装着車が急ブレーキを踏むと、そこが大きくたわむ反力で車が後ろに押し戻されます。POWER FLEXにするとゴム反力が減ってリニアな動きに近づきますが、動く時にコトコト異音が発生したり前後方向の動きがゼロにはなりません。

そこで今回CUSCO製スペリカルベアリングに変更して、前後方向の入力に対する車軸を動きをなくし、ZFダンパーにかかる横力を減らして乗り心地やステアリング操作に対する正確性を向上しました。ピロ化と言う言葉からイメージする振動・異音・違和感はなく、ダストブーツが付属しているので街乗りに適しています。dbaブレーキローター&ZONE 10Fと合わせて、来週末のSAサンシャイン神戸ASMフェアで体感試乗して下さい。



171027_cusco_.jpg


■CUSCO フロントロアアームブッシュ(後ろ側)  44,280円 <税抜価格 41,000円/税額 3,280円> 2.0H



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3439


GT-11の秘密 Vol.3 スペリカルベアリング化


  Next >

Copyright © 2007 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]