S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM公式facebook
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
SPL.データの進化版・「V202」が登場
不安への備えをしっかりと。
データで見る乗り味の違い
いつもすっきりと綺麗な状態に。
S2000発売開始18周年
ASM S660
Entry Archive
Search
Login
SPL.データの進化版・「V202」が登場 2017/04/23(Sun) 11:10:26
170423_S2_DSC_1532.jpg


千葉県からご来店いただいたお客様のS2000(AP2)に、ASM G.T WORKS GENROMをインストールしました。安易に『セッティング変更を分かりやすくしよう』と考え反応を過敏にすると、高回転域で違いが分かりにくくてもアイドリングの落ち着き方が鈍くなり、吸気効率を向上した場合はその悪癖が特に顕在化します。

ASM G.T WORKSGENROMは、街乗りデモカーをAP2に変更して10ヶ月、松島さんとG.T WORKS寺崎源さんコンビでセッティングした製品で、昨日は2名のお客様がアップデートしました。特にビッグスロットル装着車にはお薦めです。ASM G.T WORKS GENROMフェア以外でも作業可能なので、最新データアップデートはもちろん、まだGENROMインストールしていないお客様は書き換えをご検討下さい。


ASM G.T WORKS GENROM(AP2)  102,600円<税抜価格 95,000円/税額 7,600円> No.0041


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3312


ASM with G.T WORKS


不安への備えをしっかりと。 2017/04/22(Sat) 12:46:24
170422_S1_DSC_1532.jpg


前回装着したASM排気管セットにとてもご満足いただき、今回はASMビッグスロットルとスロットルスペーサーを装着です。F3エンジンブロックと同じ加工品質で入口側70φ-出口側66.5φに拡大し、シャフト径を4o切削してAP1と同じ6oまで肉薄化しつつバタフライ固定ボルトを低頭化して吸気効率を向上しました。86/BRZ用は2.5mm切削していますが、性能だけを追求して切削し過ぎたり片面保持にするとシャフト破断してエンジンの重大トラブルに繋がる可能性が高まるので、純正スロットルのシャフト品質に合わせて切削量を決めました。

ASMスロットルスペーサーは、出口側を大径化したASMビッグスロットルと純正インマニの段差を解消してスムーズな流れを確保するために製作しました。純正スロットルや他社製ビッグスロットルと組み合わせた場合でも、インマニ容量の増加により街乗り時の吸気効率が向上します。


ASM ビッグスロットル(F22C)  92,880円 <税抜価格 86,000円/税額 6,880円>
ASM スロットルスペーサー  11,880円 <税抜価格 11,000円/税額 880円>



170422_S2_DSC_1532.jpg


前回入れ替えたGENROMは最新データに書き換えました。ASMビッグスロットル+スロットルスペーサーと組み合わせた時の低中速域の過剰な反応を抑えて適正化しました。AP2用は6/17(土)−18(日)のASM G.T WORKS GENROMフェア以外でも作業可能です。速さだけではなく安心もお求めなら、純正ECUの補正・フィードバックを100%活かしたASM G.T WORKS GENROMをぜひご検討下さい。


ASM G.T WORKS GENROM(AP2)仕様変更  10,800円<税抜価格 10,000円/税額 800円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3311


流体


いつもすっきりと綺麗な状態に。 2017/04/16(Sun) 12:55:21
170416_yokohama_DSC_1439_edited-1.jpg


S2000発売18周年の翌日、久しぶりに横浜王子がご来店になり、削ってしまったサイドエアロスポイラーを新品交換しました。パテとクリア再塗装で修理しても良かったと思いますが、とても綺麗な状態をガレージ保管で維持しているから自分自身が納得できる状態に戻すのが正解です。NAG内圧コントロールバルブ・ブローオフバルブ・ホンダ純正アイドルコントロールバルブなど、お薦めしたいメニューはたくさんあります。


保管モードに入る前に、ぜひ最新のASM S2000を楽しんで下さい。

ASM I.S.Designサイドエアロスポイラー04(CFRP) 259,200円 <税抜価格 240,000円/税額 19,200円>


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3309


空間を魅力的にする存在感とフォルム


S2000発売開始18周年 2017/04/15(Sat) 11:39:06
170415_KDIR_DSC_1417.jpg



1999年4月15日に発売開始されたHONDA S2000は、今日で18周年を迎えました。

18年経ってもAP1-100はまだまだ元気で、リフレッシュとチューニングを兼ねたメニューが人気です。千葉県から久しぶりにお越しいただいたお客様のS2000に、予定通りI.S.Designリヤエアロバンパー04を装着しました。AP1-130型以降のリヤバンパーを基本にAP1-100型のデザインを組み合わせた製品で、後付け感が少ない自然な仕上がりが最大の魅力かもしれません。フロントエアロバンパー04の再塗装と追加メニューも全て完了です。


ASM I.S.Designリヤエアロバンパー04  129,600円 <税抜価格 120,000円/税額 9,600円>
ASM I.S.Design トランスフック(Rear)  56,160円 <税抜価格 52,000円/税額 4,160円>
ASM I.S.Design トランスフック(Front)  51,840円 <税抜価格 48,000円/税額 3,840円>
ASM レインホースGT  61,560円 <税抜価格 57,000円/税額 4,560円>
■ステンレス溶接網  16,200円×前後
BILLION OILS MT-520  5,292円/L <税抜価格 4,900円/税額 392円>
RAVENOL Racing Gearoil  5,400円/L <税抜価格 5,000円/税額 400円>



170415_SACLAM_DSC_1417.jpg


同じく千葉県からご来店いただいたお客様の、18歳を迎えたAP1-100型S2000に、3年前ASM赤いMINIのエンジンを手がけてくれたエンジニアが組み付けたASMトランスミッションAssy(SACLAM製)を装着しました。ギヤ・摺動部分には必要に応じてWPC/DLC処理をしています。耐久性と今後の高出力化を考慮してフランジボルトが強化されているAP2ドライブシャフトを装着しました。

ASMトランスミッションAssy  432,000円 <税抜価格 400,000円/税額 32,000円>
■ホンダ純正 AP2プロペラシャフト  98,280円
■ホンダ純正 AP2コンパニオンフランジ  22,300円
BILLION OILS MT-520  5,292円/L <税抜価格 4,900円/税額 392円>



170411_ACF_Y1_DSC_1351.jpg


3台続けて1年前に装着したエアコンフィルターを交換しました。1番汚れていないお客様でもこんなに黒く汚れています。スギ花粉の季節は終わりつつあるので、エアコンフィルターも新品交換した方が良いかもしれません。

■ホンダ純正 エアコンフィルター  3,391円 <税抜価格 3,140円/税額 251円>



170415_SEV_echarge_DSC_1417.jpg



S2000発売開始18周年の2017年4月15日、SEV新製品e-chargeが新発売されました。

毎日がSEVフェアのASMでとても人気が出そうな製品で、早速ねもやんと茨城KINGが2個ずつ買ってくれました。現在アイドリング不調の原因探究をしているS2000が入庫中なのですが、時間をかけて内圧調整バルブ関連・負圧ホース関連・エンジン始動中のバッテリー電圧・オルタネーター出力等を調べても問題なく、悩んだ松島さんは夜12時まで眠れなくなってしまいました。でも多分、これを貼っただけで解決することも分かっているみたいです。『整備士として悔しいので、ちゃんと原因を特定した後お薦めする』と言ってました。


SEV e-charge(初回限定2個セット)  47,520円 <税抜価格 44,000円/税額 3,520円> 茨城KING
SEV e-charge(初回限定2個セット)  47,520円 <税抜価格 44,000円/税額 3,520円> ねもやん
SEV e-charge(初回限定2個セット)  47,520円 <税抜価格 44,000円/税額 3,520円> 昔・白いMINI
SEV e-charge(初回限定2個セット)  47,520円 <税抜価格 44,000円/税額 3,520円> 松井くん
SEV e-charge  24,840円 <税抜価格 23,000円/税額 1,840円> 森田KING
SEV e-charge  24,840円 <税抜価格 23,000円/税額 1,840円> 田中(TANAKA)

・・・また買う買う詐欺に騙されました・・・。


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3308


550GP開幕、5時50分の扉が開いた日


ASM S660 2017/04/14(Fri) 11:14:31
170414_S660_DSC_1379.jpg



つい買ってしまったえいじさんのロードスターを売却して、あの時我慢したS660を購入しました。

グレードはβ(ベータ)MT、ベースグレードです。販売台数のほとんどは20万円高のα(アルファ)グレードですが、S660導入の目的はRECARO装着ポジション体感用だから、ウレタンハンドル・ウレタンサイドブレーキで問題ありません。赤いNUがワンポイントのRECARO RS-G Superstark NUを、低い着座位置に装着できるVENUSシートレールで取り付け、足元には赤WステッチのASM KAROマットで決まりでしょう。

RECARO RS-G Superstark NU  127,440円 <税抜価格 118,000円/税額 9,440円>
ASM KAROマット(S660)   35,100円 <税抜価格 32,500円/税額 2,600円>


170413_660_.jpg


お金をかけず手間をかけて車両製作に取り組み、軽自動車の耐久レースに参加してみたいです。S660は重量級オープンカーでGASタンクも小さいから、勝負の土俵に上がることさえ難しいでしょう。でもG.T WORKS寺崎源さんを巻き込めば、パワーだけではなく徹底的に燃費性能にこだわったECUセッティングができるし、レースが楽しくなったら<軽量化と効率>をテーマにした物作りを始めるかもしれません。

G.T WORKS GENROM(JW5)  91,800円 <税抜価格 85,000円/税額 6,800円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3307


レカロ専門店ASMのS660マッチングデータ


dbaブレーキローター 2017/04/12(Wed) 18:08:57
170412_dba_s_DSC_1362.jpg


オーストラリアdba社のフィリップ社長がご来店になり、ASM AP RACINGブレーキキット用ローターの打ち合わせをしました。AP RACING社製ブレーキローターは市販製品として圧倒的に高性能/高品質ですが、近年のS-GTでは焼き入れのために数周走るとか無駄なので、焼き入れ処理をしたローターを使用するのが普通です。ところが市販モデルには、美観とコストの問題からその選択肢が用意されていません。

ASM S2000 T/A号に必要な性能を維持しつつ、AP RACING社製より安価なdba社製ローターに変更することで焼き入れ失敗リスクをなくすことが出来れば、お客様にとってコスト面でも大きなメリットがあります。ASM仕様は特殊サイズですが、早ければ5月初旬には製品検討が完了するとのことでした。



170411_ACF_DSC_1351_edited-1.jpg


現在開催しているASMメンテナンスキャンペーンのメニューに、先着10個限定でホンダ純正エアコンフィルター交換を追加しました。S2000は古い車だから標準装着されておらず、汚れた外気が狭い車内に充満します。スギ花粉のピーク時期を超えたので、花粉だらけになったフィルターをリセットする意味で交換しましょう。


■ホンダ純正 エアコンフィルター  3,391円 <税抜価格 3,140円/税額 251円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3306


弱点はリヤブレーキに集中する


間違ったECUチューンで壊さないために。 2017/04/11(Tue) 15:48:45
170411_AP1__edited-2.jpg



S2000向け新商品、ASM G.T WORKS GENROMを正式発売開始しました。

今まではGENROMをベースにしたASM SPL.データと言う位置付けでしたが、今後はS2000(AP1/AP2)向けGENROM全てがASM専売になります。日本屈指のECUエンジニアとなった寺崎源さんが手がけたデータなら、パワーだけではなく徹底的なノッキング対策により、特にAP1のエンジン保護にもつながります。


近日中に掲載する、6/17(土)−18(日)のフェア案内を楽しみにして下さい。


ECU_AP1_DSC_1324.jpg170411_GENROM_Fair_.jpg

AP1はフルノーマルでもVTEC切り替え回転数近辺で大きなノッキングが発生していますが、ASMでは2年間の実走テストを行い対策しました。EXマニ装着車にはもちろん、エンジン保護の意味でフルノーマル車両にも推奨します。社外フルコン並みに解析が進んでおり、沖電気製フラッシュタイプMPUを採用しているので、将来的な仕様変更時にもリセッティング可能です。


ASM G.T WORKS GENROM(AP1) 199,800円 <税抜価格185,000円/税額14,800円>

 ・VTEC切り替え回転数
   <高負荷> 設定:5,300rpm/復帰:5,100rpm
   <低負荷> 設定:6,050rpm/復帰:5,850rpm
 ・REVリミット9,300rpm
 ・速度リミッター変更済み
 ・参考作業時間 1.0H



ECU_AP2_DSC_1324.jpg170411_GENROM_Fair2_.jpg

オートポリスでのスポーツ走行やダイナパックでのセッティングに加えて、AP1と同様に街乗りでの実走テストを経て点火・燃料・スロットル制御MAPを適正化しました。最新バージョンはアイドリング〜街乗り領域のチューニングを見直し、トルク特性と安定性を向上しています。2017年4月11日以前にお買い上げいただいたお客様は、21,600円(商品代16,200円+工賃5,400円)で最新データにバージョンアップできます。


ASM G.T WORKS GENROM(AP2) 102,600円 <税抜価格95,000円/税額7,600円>

 ・VTEC切り替え回転数
  <高負荷> 設定:5,200rpm/復帰:5,000rpm
  <低負荷> 設定:6,200rpm/復帰:6,200pm
 ・REVリミット8,600rpm
 ・速度リミッター変更済み
 ・参考作業時間 1.0H



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3305


116-GENROM-ASM-SPL01
116-GENROM-ASM-SPL02
116-GENROM-ASM-SPL03
116-GENROM-ASM-SPL04
116-GENROM-ASM-SPL05

前の10件 | | |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]