S2000・RECARO・86がある自動車生活
  ASM Blog
Home | Blog TOP
  

横浜市中区、楽しい自動車生活を創り出すお店<ASM>をプロデュースしています。S2000・RECAROを切り口に、色々な話題をお届けします。

文:金山 新一郎

Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
横浜市中区周辺の日常
S2000 タイムアタック
86/BRZ
Book Mark
ASM
ASM公式facebook
天気<筑波>
天気<FSW>
天気予報<新山下>
早野ぴっかり工房
加藤寛規 公式blog
交通情報 <首都高>
Recent Entry
こだわりのASMがプロデュースした、普通のマグカップ
走るエンジンベンチ室
セカンダリーシャフト交換
運転が楽しくなる環境作り
『勝ち』より 『価値』を目指して
「ASMのS2000はすごい」と感じてもらうために、製品を作り続ける。
Entry Archive
Search
Login
こだわりのASMがプロデュースした、普通のマグカップ 2017/05/21(Sun) 16:37:27
170519_MAG1_Blog_DSC_2074.jpg



7/15(土)−16(日)の2日間、北海道でASM 86/BRZフェアを開催します。

開催店舗は石狩マルマン・モーターズ様で、10周年セールに便乗させていただきました。86/BRZオーナーさんならマルマン・モーターズ萬年(まんねん)さんをご存知の方も多いと思いますが、僕はASMが始まる前から、S2000のお客様を通じてマルマン・モーターズ開業前の萬年さんの素晴らしさを聞いていました。去年ASMフェアを開催したのは、そんな経緯があったからです。


170519_MAG2_Blog__DSC_2074.jpg


かけがえない記念すべき10周年イベントだから、萬年さんは『お客様にはこの時に買って良かったと思って頂きたい』とお考えだったので、北海道中から86/BRZオーナーさんが大挙して押し寄せるフェアに向けて、3万円以上お買い上げの先着10名様に非売品・ASM YOKOHAMAマグ(ショート)を用意しました。ASMらしく・・・S2000の・・・イラスト入りです??容量はたぶん355mlだから、アイスはもちろんホットでもショートサイズが安心です。みんなこれ持参で注文して、20円得して下さい。


■ASM YOKOHAMAマグ(ショート)  非売品


170521_86_.jpg


昨日千葉県からご来店になり、ASMこだわりの物作りに納得して、入口だけではなく出口径まで拡大した本当のビッグスロットルを装着です。シャフト切削量やネジ選択まで、実物を見せながらご説明しました。チャレンヂ社が手がけるカーボンボンネット、SACLAM社が手がける排気管など、86オーナーさんがずっと気に入って使ってもらえる製品をご用意していますので、次は富士山盛り食べましょう。


ASM ビッグスロットル(FA20)  95,040円 <税抜価格 88,000円/税額 7,040円>
ASM スロットルスペーサー  12,312円 <税抜価格 11,400円/税額 912円> * 実用新案登録済み



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3328


ASMフェア北海道シリーズで得た教訓 −スピードよりコントロール!−


セカンダリーシャフト交換 2017/05/18(Thu) 15:55:12
170518_MT1_DSC_2036.jpg



メカニック阿部君の提案で、ASM S2000のセカンダリーシャフトを交換しました。

S2000純正トランスミッションは、一般車両用とは異なり9,000rpm常用を前提としたレーシングカーに近い基本レイアウトが特長です。エンジンと同様にオイルポンプまで内臓されており、F20C/F22Cに匹敵するこだわりがある設計と言えるかもしれません。



170518_MT2_DSC_2036.jpg


ASMデモカーの走行距離は少ないですが、耐久性向上・発熱抑制(=低フリクション化)を目的としてセカンダリーシャフトとオイルポンプローターをWPC処理して、純正T/M大好物・阿部君こだわりのプリロード調整で、低フリクションに組み付けして完成です。。不二WPC社によるとオイルポンプへの施工は初めてのケースですが、経年劣化状況から判断して効果がかなり期待できます。驚きの静粛性とチューニングを兼ねたリフレッシュメニューとして商品化しました。


■ASM セカンダリーシャフトセット  75,600円 <税抜価格 70,000円/税額 5,600円>



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3326


一生に一度のO/Hで済ませたいと思う。
運転が楽しくなる環境作り 2017/05/17(Wed) 10:51:24
170517_copen_SACLAM_DSC_1993.jpg


都内からご来店です。最近購入したコペンに、以前Z34を所有されていた時に装着して魅力をご存じだったSACLAM管を装着していただきました。人気商品だったコペン用SACLAM管の中でも希少なAT車用モデルで3年間ASMに展示していたのは、この時のためだったのかもしれません。収穫の季節が来たら深谷を訪問し、ネギ積んでオープンドライブして下さい。


■SACLAM COPEN SILENCER KIT 172,800円



170517_S2_SEV_DSC_1989.jpg



ASMは5月も毎日がSEVフェア。

今月は、長距離ドライブ出発前にお買い求めいただきました。



SEV エンジンチューナー  30,240円<税抜価格 28,000円/税額 2,240円>


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3325


10日後には忘れられない音に。


『勝ち』より 『価値』を目指して 2017/05/16(Tue) 13:37:29
170512_Challenge_asm_.jpg



S2000向けCFRP成形型製作のため、埼玉県チャレンヂ社を訪問しました。


170512_Cha_Modeling1_.jpg
170512_Cha_Modeling2_.jpg


86/BRZ向けエアロパーツ製作して以来、2年ぶりのモデリング室です。S2000が置いてあるのは3.11震度5強の地震でも問題なく水平を維持した実績がある定盤で、左奥にあるのは三次元測定器です。ASMエアロパーツで言えば、86/BRZ・S2000のリヤウィングの高さやリヤバンパーに対する位置関係を決める作業に使用しました。他にも通年気温20度±1度/湿度40-60%に維持する測定室など、日本を代表するカーボンコンポジット工場らしい環境が整っています。



170512_Rear_fender_.jpg


まずリヤオーバーフェンダーは、FRPモデルと全く同一形状でCFRPモデルを設定します。また、FRPモデルの受注残が10セット単位で慢性化しているため、納期を少しでも早くするために現在2セットあるFRP成形型を追加製作するか検討します。


■ASM I.S.Designリヤオーバーフェンダー(CFRP/左右セット)  価格調整中



170512_Rear08_.jpg


次にリヤオーバーフェンダーに対応したワイドリヤバンパーは、今までは右片側出し129,600円/左右出し194,400円のFRPモデルでしたが、CFRPモデルは左右出しに統一します。リヤオーバーフェンダーと合わせて装着確認したところ気になるズレが発生しているので、リヤバンパー側をさらに修正することになりました。


■ASM I.S.Designリヤエアロバンパー08(CFRP)  価格調整中



170512_Cha_Door_.jpg


初参戦したREVSPEED筑波スーパーバトル2003で勝つために製作して以来、14年ぶりにドライカーボンドアの成形型を新規製作します。形状/仕様は今までと変更ありません。今までの製品で気になっていた点を伝えて、できる限りの対策を依頼しました。


■ASM ドライカーボンドア  価格調整中



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3324


楽しい1日


「ASMのS2000はすごい」と感じてもらうために、製品を作り続ける。 2017/05/14(Sun) 15:04:53
170513_SACLAM_1_.jpg



九州大分から来ていただいたG.T WORKS寺崎源さんと、埼玉県深谷SACLAMを訪問しました。ここ数年、コンディションの違いでノッキングが多発していたSACLAM黄色AP1とSACLAMシルバーAP1に、充填効率が高いASMエキマニを組み合わせてノッキング対策を行い、ASM G.T WORKS GENROMのバージョンアップデータ製作することが目的です。



170513_SACLAM_2_.jpg
170513_SACLAM_3_.jpg


この作業に音の感性は必要ありません。デジタルデバイスの力を活用して、人間の耳では聴き取りにくいノッキング音まで認識し、ECUセッティングで消すだけです。でも、ノッキングと一緒にF20Cエンジン本来の楽しさがなくなってしまうようなセッティングをするわけにいかないので、G.T WORKSを丸2日休業してくれた源さんとASM金山・松島さん・新メンバー阿部君の4名で、考えられる機材を持ち込み走行テストに臨んだ結果・・・、


170513_SACLAM_3_abe_.jpg
170513_SACLAM_4_gen3_asm_.jpg



・・・ASM G.T WORKS GENROMを変更せず、問題は解決しました・・・。

大きな要因は、テスト2日前にインジェクターを洗浄品に交換したことでした。純正ECUでも(現時点では)ノッキングは減少し、ASM G.T WORKS GENROMを装着すると(現時点では)ノッキングしなくなります。純正エキマニとASMエキマニを交換しても、ノッキング発生頻度の違いは確認できません。

ASMでは、GENROM装着を機会にプラグやイグニッションコイル交換をお薦めしており、2010年以降はリフレッシュとチューニングを兼ねてG.T WORKS Rebuilt&Tuneインジェクターも販売して来ました。つい最近ASM Blogで紹介したシルバーS2000にも装着しています。何も起きないから後回しにしがちな部品ですが、徐々に悪化するとこんなに深刻な症状が出ると再確認できたことが成果です。と言うことで、車両固有の不具合が原因だったから、それに合わせたASM G.T WORKS GENROMの仕様変更は不要と判断しました。


170513_SACLAM_5_gen3_nc_.jpg
170513_SACLAM_6_gen3_uno3_nc.jpg


走行しながら録音したエンジン音はザーザー(音全体)とチリチリ(ノッキング音)が混じり合っていて、チリチリ音の周波数帯だけを抽出して確認することも可能です。SACLAM宇野さんの運転で源さんが助手席に乗り、どうして純正ECUの補正では足りないのか、なぜASM G.T WORKS GENROMならノッキングが減少するか、専用機材を使って説明しながらドライブして終了です。


170513_SACLAM_7_gen3_uno3_s2k_.jpg



『宇野さんのS2000は、オレが守ります。』

G.T WORKS Rebuilt&Tuneインジェクター  30,240円 <税抜価格 28,000円/税額 2,240円>
ASM G.T WORKS GENROM(AP1) 199,800円 <税抜価格185,000円/税額14,800円>




170513_IS4_.jpg



I.S.Designサイレンサーキットの進捗チェックもしました。


170513_IS2_.jpg
170513_IS3_.jpg



前回の仕様と異なる午前と午後2つの仕様を比較したところ、音質は全く別物でした。午前中の仕様の方が圧倒的に澄んだ静かさ/快音を両立していて、この音なら旧型I.S.Designサイレンサーキット2を使っている人でも買い替えたくなる魅力があります。午後の仕様は篭り音が耳に残り、音の広がりを感じることができません。近接排気騒音値の変化を抑えつつ音質を調律する、SACLAM宇野さんの技術に驚きました。



170513_IS1_.jpg



AP2用はほぼ決まり、いよいよAP1×ASMエキマニとの調整に着手します。

■ASM I.S.Designサイレンサーキット 293,760円 <税抜価格272,000円/税額21,760円>

 * 5月ロット・6月ロット全数完売。7月ロット予約受付中。



この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3323


間違ったECUチューンで壊さないために。


二代目・ASM S660 2017/05/10(Wed) 12:35:38
170510_S660_DSC_1983.jpg



4月に購入した初代・ASM S660は数日で売れてしまい、お客様に見てもらうこともありませんでしたが、もちろん新しく買い直しました。今度はビニールハンドルではないαグレードの白です。今週末にはRECARO RS-GをVENUSシートレールで装着しますので、着座位置に興味があるS660オーナーさんはお越し下さい。


希望ナンバーは1週間後に完成予定ですが、また1週間で売れてしまったら申し訳ありません。


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3322


大切なものとの関係


ASMリフレッシュ車検に備えて。(担当:松島さん) 2017/05/07(Sun) 14:48:00
170507_TypeS2_DSC_1955.jpg


リフレッシュを兼ねて、ヘッドライトユニットを新品交換しました。同時に、飛び石による傷つき・紫外線による黄ばみから保護するプロテクションフィルム施工して、ポリカーボネートの経年劣化を軽減しています。これはリフレッシュ車検のオプションメニューとして用意したS2000メンテナンス作業で、ヘッドライトのレストア後プロテクションフィルムを貼ることで、黄ばみの最大の原因となる紫外線を93.6%カットし、5年間ヘッドライトの黄ばみ・劣化を防ぎます。

無色透明の無黄変ポリウレタンフィルム製で、保安基準の光量要件を満たしています。フィルムの使用環境やお手入れの状態によって光量を保てなくなる場合、フィルムを剥がせば綺麗なヘッドライト表面に戻るから安心です。お客様自身が剥がそうとすると、糊が残ったり表面ハードコートにダメージを与える可能性がありますので、ASMにご相談下さい。


■ホンダ純正 ヘッドライトユニット  147,096円 <税別価格 136,200円/税額 10,896円>
■ASM ヘッドライトプロテクションフィルム  32,400円 <税抜価格 30,000円/税額 2,400円>



170507_TypeS1_DSC_1955.jpg



ASMは、GW最終日も毎日がSEVフェア。

SEV Premiumパスポート商品とSEVエンジンチューナーをお買い求めいただきました。


SEV PREMIUM エンジンチューナー  140,400円 <税抜価格 130,000円/税額 10,400円>
SEV e-charge(初回限定2個セット)  47,520円 <税抜価格 44,000円/税額 3,520円>


この記事のURL
http://autobacs-asm.jp/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3321


AP1-100型の外観リフレッシュ


前の10件 | | |   Next > | |

Copyright © 2004 ASM Blog. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]