レカロマッチングデータ:ホンダ S660

151010 6601 DSC_7884.jpg
151010 6602 DSC_7879.jpg


2015年のRECARO限定モデルを装着です。想像以上の座り心地とポジションに納得いただき、デザインのことやモデルの希少性を考えて、来月にも助手席側を装着してもらえることになりました。


RECARO RS-G SuperStark "NU"  127,440円 <税抜価格 118,000円/税額 9,440円>


メカニックが作業して確認したことを、栗延(くりのぶ)がRECAROマッチングデータと照合しながら、ASMの取付情報としてまとめました。レカロ装着を検討しているS660オーナーさんが気になることを掲載しておきます。この他にもいくつかの注意点があり、選択したモデルやお客様の好みによりRECARO社とVENUS社を使い分けるのがベストですから、気になるS660オーナーさんはASMまでご来店下さい。


■RS-G (フルバケットシート)

・ ステアリングセンターは約18ミリドア側にオフセット
・ ASMオフセット取付することで8oドア側オフセットに低減(さらに、4mmまで低減可能)
・ ドアへの干渉はスライド位置により約5〜10mm程度(TS-Gより干渉大)
・ 着座位置は約40mm以上ダウン
・ 干渉したままの前方スライドへは問題なしだが、ベロア生地だと破れる可能性あり
・ センターコンソール側は特に問題なし


■RS-G+TRIAL(トライアル)社製シートレール  ★ ASM推奨

・ ステアリングセンター近くに設置されており、ASM S660ではドア内張りとの干渉なし。
・ RECARO純正よりVENUS製より着座位置は低く、前方向スライド量も確保できている。


■RS-G+VENUS(ビーナス)社製シートレール

・ RECAROベースフレームより内側に設置できているが、ベースフレームの個体差による差が大きい。
・ RECAROベースフレームより着座位置は低く、45mm程度ダウン。
・ お客様の身長によっては、前方向スライド量がやや不足する。


■TS-G (フルバケットシート)

・ 取付シートの中では1番マッチングが良い(座り心地は別)
・ ASMオフセット取付することで8oドア側オフセットに低減(さらに、4mmまで低減可能)
・ ドア内張りとの干渉は約5mm程度
・ 干渉したままの前方スライドは問題なしだが、ベロア生地だと破れる可能性あり
・ センターコンソール側は特に問題なし
・ 着座位置は約40mm以上ダウン
・ アイポイントはさらに約20mm以上ダウン
・ 後方スライドへはヘッド部分が干渉するため一番後ろへは下げられない
・ 身長185cmでもペダル関係は問題なし


■SR-6/SR-7 (リクライニングシート)

・ 着座位置は約10mmダウン
・ ドアを閉めるとショルダーが干渉するがドアを弾くほどではない
・ ヘッドレスト部分とルーフ部分が数ミリ干渉だが問題ないレベル
・ センターコンソールとの干渉も数ミリ程度で問題なし


■LX-F (リクライニングシート)

・ 着座位置は約10mmダウン
・シートベルトを取り出す時エアポンプを干渉するので要注意、差し込みはスムーズ
・ ヘッドレスト部分とルーフ部分が数ミリ干渉だが問題ないレベル
・ 室内各部との干渉も数ミリ程度で問題なし
・ オープンカーに適した、シートヒーター標準装備モデル設定あり



ASM RECAROアルバム  − S660へのレカロシート装着例 −  

ASM 金山 | 2015/10/11(Sun) 15:06:58 | レカロシート装着例

横浜にあるレカロシート販売店ASMのスタッフが書くレカロに関する日々の出来事。

Recent Entry

Categories

Book Mark

Search

Entry Archive

Login