ASMオリジナルオフセットメニュー 『シェルモデル編』

150522 1 DSC_0350.JPG



ASMではレカロ交換時に起こるドア側へのオフセットを解消するメニューを専用で設けております。

通常、従来のオフセットアダプターは名前の通り「SP-Gオフセットアダプター」とあり、590ミリのショルダー幅のSP-♯系を装着した場合のドアへの干渉をさける名目でラインナップされています。しかし、RS-G・TS-Gの場合、ショルダー幅が540ミリのため大体のシートはドア干渉なく取付が出来る為、レカロからはオフセットアダプターの販売をしておりません。


「SP-Gオフセットアダプターを使えば?」とお考えになるかもしれませんが、ベルトホール形状の違いに因り上穴しか使用できず、『座面が下がる』と言う最大のメリットを生かせなくなります。ASMでは、RS-G/TS-G用に加工したオフセットアダプターを予め準備することで、シートオフセットを補正しつつ同じ作業時間で取付可能になりました。


ドアに干渉しない場合でも、レカロシートに交換することでドア側へオフセットするケースは多く見受けられます。その場合にASMオフセットメニューを組み合わせれば、適合特記事項に「15ミリドア側にオフセットします」と記載されていても、ステアリングセンターに近づけることができます。


現行のMINIやマーチでは「約20ミリ以上ドア側にオフセット」と記載されていますので、違和感を感じるお客様が多いかもしれません。ASMオフセット加工を組み合わせればステアリングセンターのズレが10o台になるので運転しやすくなります。今からシートを購入される際に気になる方、もちろん購入後ステアリングセンターが気になる方はお気軽ご相談ください。


■ASMオリジナルオフセットメニュー  10,800円

・RECARO オフセットステー  6,480円
・オフセット加工  4,320円

ASM 栗延 | 2015/05/23(Sat) 09:57:21 |

横浜にあるレカロシート販売店ASMのスタッフが書くレカロに関する日々の出来事。

Recent Entry

Categories

Book Mark

Search

Entry Archive

Login